ブドウ農家

ニコラ・フィアットのビジネスモデルは、シャンパーニュ地方では珍しいスタイル。4500軒もの協力農家の力を結集し、皆でニコラ・フィアットのシャンパーニュを作り上げています。

ニコラ・フィアットのシャンパーニュに使用されるのは、各クリュで育てられた3つのセパージュ、シャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエ。それぞれのエネルギーと旨味が繊細なアッサンブラージュを経て、ニコラ・フィアットのシャンパーニュへと生まれ変わります。その味わいはバランスが良く繊細でフレッシュ。シャンパーニュ地方という唯一無二の環境の素晴らしさを体現したシャンパーニュです。

シャンパーニュ地方のあらゆる地域に位置するブドウ畑は広大で個性的です。グランクリュとプルミエクリュの畑で収穫されたブドウを厳しい目で選別し、素晴らしいシャンパーニュを生み出しています。

シャルドネは味に軽やかさを与え、花や果実(特にリンゴや洋ナシなど白いフルーツ)のアロマがフェミニンな印象を引き出します。ピノ・ノワールはストラクチャーと、赤、白それぞれのフルーツのアロマがあり、逆に男性らしさを引き立てます。そしてムニエは、柑橘系の豊かな果実味を与え、しなやかでとろりと弾力のある舌ざわりが特徴です。

協力農家のおかげで、ニコラ・フィアットのシャンパーニュ作りには常に高品質のブドウを使うことができます。17あるグランクリュのうち11のグランクリュ、42あるうち26のプルミエクリュ、そして260のうち145のその他のクリュのブドウを厳選して使用しています。

様々な味わいのシャンパーニュを生み出すもう一つの秘密が、モザイク状に広がる様々な土壌です。しなやかで軽やか、果実味もあるシャンパーニュには砂地の畑のブドウ、ストラクチャーがあり果実味もしっかりしたシャンパーニュには粘土質の石灰質土壌の畑のブドウが用いられます。そして白亜質の畑で採れるブドウからは、ミネラル豊かで時とともに複雑なアロマを感じられるシャンパーニュが作られます。

私たちメゾンと農家はとても緊密な関係にあります。持続可能なブドウ栽培、土壌管理と分析、圧搾機の運用、週ごとに配信する技術情報など、より良いブドウ栽培のため様々な研修や技術支援を定期的に行っています。 毎年開催される「高品質なブドウ農園の日」という会議には、400軒以上のブドウ農家が集まり大変な熱気です。温暖化の影響や環境問題、ワインツーリズムなど、シャンパーニュ地方のブドウ農園における様々な問題点について、皆で考える機会になっています。