ヴィンテージ・シャンパーニュ マルチヴィンテージ・シャンパーニュ

シャンパーニュ作りの伝統の柱となっているのがアッサンブラージュ。シャンパーニュの味の構成の決め手です。そこへセパージュやクリュ、収穫年の違いが加わり、それぞれ異なる特徴を持つ素晴らしいシャンパーニュが生まれるのです。

ニコラ・フィアットのシャンパーニュ作りにおいて、醸造責任者のギョーム・ロフィアンが最も大事にしているのがレゼルヴ。品質や安定性、多様性や長期保存性などを吟味し、ニコラ・フィアットのマルチ・ミレジムとしてバランスよくブレンドします。「新しいシャンパーニュを生み出すためにカーヴの中できちんと保管されていたレゼルヴは、ニコラ・フィアットのシャンパーニュの基礎であり、先見性や安定性を実現するために非常に重要です。アロマやストラクチャーの潜在的な可能性を引き出す貴重なスパイスなのです」。

アッサンブラージュの前にカーヴでじっくりと熟成されたレゼルヴは、その年の特徴をより引き立たせる働きをします。暑かった年のストラクチャーをまろやかにし、逆に寒かった年はより味わい深くしてくれるといった具合です。ギョームはこの大変微妙な調整に細心の注意を払って取り組んでいます。

ミレジムにとって重要なのは、その年の気候です。暑い年だったのか涼しかったのか、黒ブドウと白ブドウどちらが多いのかなど、その特徴はシャンパーニュにはっきりと表れます。それぞれのミレジムのニュアンスがはっきりしてくると、単独で醸造するのか、ブレンドするのかを判断することができます。単独で醸造されたミレジムは、その年の特徴がそのままシャンパーニュに表れます。キュヴェ・スペシャルにしても、コレクション・ヴィンテージやグランクリュ、パルム・ドールにしても、その銘柄の個性や特異性はブドウの特徴そのものということになります。つまり、複雑で洗練された味わいの最高級シャンパーニュたちは、収穫年の出来事を子細に物語ってくれるストーリーテラーでもあるのです。中でもミレジムのエスプリを最も感じられるのが、最高峰の1本、パルム・ドール。ニコラ・フィアットのシャンパーニュが誇る、繊細でクリア、そしてエレガントなスタイルを完璧に体現しています。