Millésime 2006 palmes d’or roséMillésime 2006 palmes d’or brut

2006パルム・ドール ロゼ

際立つ風味と香り

2006年は、10年のうちで3本の指に入る当たり年でした。寒く乾燥したこの年の冬にうまく対処したおかげで、ブドウは春からたくさんの花をつけ、しっかりした実がなりました。ブドウは一般に、乾燥した温暖な気候を好みます。熱波に襲われ、乾燥したこの年の7月に続き、8月の気温は季節外れの低さで、記録的な量の雨が降りました。9月は予想外に気候が好転し、快晴に恵まれたため、ブドウの実の熟成が進み、完熟した状態で収穫できました。醸造の過程も順調に進み、糖度/酸度の比率、見込みアルコール度数、素晴らしいボディなど、シャンパーニュに欠かせない特徴を十分に引き出すことができました。

2006年は、パワフルで驚くほどバランスが良く、見事なハーモニーを奏でるヴィンテージです。洗練されたボディには熟成した深みがあり、爽やかさがアロマを引き立てます。

ブジー産ピノ・ノワールのペッパーを思わせる繊細なスパイスのアロマと、リセイ産のつぶしたストロベリーの風味を併せもつ、ピノ・ノワール100%のシャンパーニュです。センシュアルな感覚を呼び覚ます豊かで濃厚な風味のヴィンテージで、このめったにないほど力強いバランスを持つ唯一無二のシャンパーニュには、驚かされる人が少なくないでしょう。

熟成期間は、貯蔵庫で8年以上。
「ロゼ・ド・セニエ」の製法。

シャンパーニュそれぞれの風味や香りを際立たせるドサージュ(補糖)の割合を決めるのは、チーフ・ワインメーカーです。リザーブワイン(原酒)選びは極めて重要で、そのシャンパーニュの個性を保つために、クリュのワインの比率や収穫年、ブドウの品種や醸造・熟成法なども含め、多種多様な要素を吟味します。

2006パルム・ドール ロゼは、ピノ・ノワールを完璧に象徴する、真剣に向き合うことが求められる素晴らしいシャンパーニュです。ヴィンテージのキレのある味わい、芳醇さ、そして熟成が感じられ、フルボディのストラクチャーでありながら、ジューシーで統一感もあります。ブドウの黒い果皮から美しい色合いを出す「セニエ法」により、うらやむほどの複雑味と赤い果実の素晴らしく豊かな味わいがもたらされました。このシャンパーニュのぜいたくさは、2006ヴィンテージに負うところが大きく、素材の良さは魅力的なふくよかさにもつながっています。熟した果実と核果の風味に、森林の温かな土壌と甘いスパイスのかすかな香りが口の中で絡み合います。この繊細でセンシュアルな一流のシャンパーニュは、ブージィ産の力強いピノ・ノワールと、より精妙な香りが特徴のリセイ産ピノ・ノワールを完璧なバランスで組み合わせたお手本のような存在です。おいしい料理と一緒に楽しんだり、人をもてなしたりするのにぴったりなこの芳醇でとても魅力的なロゼは、親密な友達と分かち合うのにも最適です。気持ちよく食事を締めくくる食後酒としても素晴らしいでしょう。

食事とともに:適温10~12°C

シンプルに楽しむなら
パ・アム・トゥマカットとハモンセラーノのトースト
熟成ボーフォールチーズ、もしくはコンテチーズ(24カ月熟成)
ラズベリーのマカロン

くつろいだひとときに
牛ヒレ肉のアンクルート(パイ包み)
鳩肉のチェリー添え
レッドベリーのミルフィーユ

本格的な晩餐で
ロブスターのコーラルソースがけ
神戸牛のソイソースがけ、マッシュポテト添え
ノワール・エクストラ」チョコレートタルト

トップ20中16.5位
『ベタンヌ & ドゥソーブのワインガイド2018』

3スター
『ゲルハルト・アイヒェルマンのシャンパーニュ・ガイド2017』

お住まいの地域では販売していない商品もございます。
詳細については、お問い合わせください.